2011年5月21日 (土)

「心はあなたのもとに」

「心はあなたのもとに」

61sqajvnn2l

心はあなたのもとに

村上 龍  文芸春秋社

―今日はめずらしくSF小説ではないみたいですね。
あー、普通のも読みますよ。今回のはちょっと重たい小説です。
―ページ数が多いってことですか。
あのね… 内容ですよ。
―ちょっとフリしてみただけですよ。
……では、さようなら。
―あ、ちょっと、それはないでしょ!

【閑話休題】
―やっぱり美少女が主人公ですか。
違います。最近とてもよく考えることですが、50代になるとね、ときめくような恋愛にはもう出会えないんだなぁ、と思っていた時に、この小説に出会いました。
―心がときめいちゃったのですか。
この小説は、30代始めの香奈子と、50代のケンジの物語です。ケンジの視点で書かれています。もしかしたら、ケンジは作者自身がモデルなのかもしれません。
―出会いのない50代にとっては、余計に入れ込んじゃった。
そうですね。最近は、ほとんどメールも使いませんし… この物語の展開もメールが頻繁に使われています。すれ違いでなかなか会うことができないので、メールが物語の展開に一役買っています。
―歳の差20歳というのはあまりないですよね。芸能人ならあり得るか…
香奈子はバツイチ。風俗業で働いています。
―うわぁ、そっち方面ですか…
ケンジは投資家で、豪華なワインを飲み、海外へ行き、とてもセレブな生活を送っています。香奈子がケンジの客として指名されるうちに、二人はいつしか恋愛関係になります。
―でもケンジは…
はい、ケンジもバツイチですが、家庭も子どももいます。しかも家庭を大切にしています。
―それでも愛人作っちゃうのですか? だから男って…
まぁ、そこを突かれても… 小説ですから。
―では三角関係のもつれとか、愛憎劇が展開される…
えー、まったくそういうことはありません。そこが現実離れと批評する方もいるようですが、これは純粋に香奈子とケンジの物語です。
―確かにあり得ないことかも。でもあり得ないことが小説として成り立ち、読者を引きつけることにもなるのですね。
そうですね。ケンジは多忙で庶民からはかけ離れた豪華な生活を送っている。高級なワインの名前も随所に出て来ますが、私にはまったくわかりません。
一方、香奈子はⅠ型糖尿病を抱えていて、決して健康体ではない。その二人が惹かれ合うのは魅力的です。
―現実生活でときめくような出会いがないのは淋しいですね。
タイトルの「心はあなたのもとに」とは、香奈子がケンジに出すメールの最後にいつも添えられた言葉です。
ケンジが仕事が忙しく、家庭もあるので、香奈子としては滅多に会うことができない。その切ない気持ちを「心はあなたのものに」とメールにのせたのでしょう。
―私には考えられませんね。妻子持ちなんて…
そこが理屈で考えているだけでは男女関係はわかりません。あり得ないことだらけかもしれませんが、いい本に出会えたと思っています。

―奥さんがいても、他の女の人を本気で好きになってしまうことなんてあるんですか。

現実、そういう人がたくさんいるでしょう。倫理に反するとはいえ、責めることはできません。

心はあなたのもとに

2011年5月11日 (水)

「たったひとつの冴えたやりかた」

「たったひとつの冴えたやりかた」

F2b129b6798766296677fdfe0032c7f3

たったひとつの冴えたやりかた (ハヤカワ文庫SF)

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア著

早川書房刊

―すてきな表紙ですね。大好きな「美少女主人公物語」ですか?

えー、間違っていませんね。でも、この本を初めて読んだのは、もう20年以上前のことです。その時の表紙は下の絵でした。

Tattahitotu

―うあぁー、お好みにピッタリですね。

まぁ… でも、いまライトノベルズと呼ばれるファンタジーもので、ひとつのジャンルになっているとも言える「活発な女の子が主人公もの」のはしりだと思います。

―どんなお話ですか?

宇宙に人類が進出する黎明期―と言っても、今から200年くらい未来の時代ですが、三話の異なったストーリーから成っています。その第一話が「たったひとつの冴えたやりかた」です。

16歳の誕生日に両親から小型宇宙船をプレゼントされたコーティーは、憧れの銀河へと旅立ちます。宇宙基地で船を改造し、未知への領域へと進む少女の生き生きとした気持ちが表れています。

ところが思いがけない結末が待っている… という話ですね。

―何があったのですか? 異星人とのファーストコンタクト?

ええっと、ネタバレになってしまうので結末は言えませんが、ファーストコンタクトは重要なキーワードです。第3話の「衝突」は思いっきりファーストコンタクトがテーマです。

―現在まで20刷も販売されているということは、隠れた人気がある本と言えるのでしょうか? どんなところが魅力なのですか?

過去の宇宙ものSFは、ある面、悲壮、悲観的な空気がありました。つまり明るい未来はあっても、それと表裏一体で悲しいこともある、という感じですね。コーティーの話は確かに悲しいストーリーなのですが、コーティーという女の子の明るさ、若さ、元気さ、爽快さがよく表れていて、とても好感が持てる話です。

―美少女大好きな方にはおススメというわけですね。

別にそうでなくても、いい作品ですよ。第2話、3話は女の子が主人公ではありませんが、とてもおもしろいです。冷凍睡眠で宇宙旅行をするなんて、「猿の惑星」を思い出してしまいますね。

特に第3話は古典的な異星人とのファーストコンタクトで、平和的出会いになるのか、星間戦争になるのか、息をのむ展開です。

―作者についてひと言お願いします。

作者のジェイムズ・ティプトリー・ジュニアはペンネームで、本名をアリス・シェルドンと言います。ただ、彼女が亡くなるまで世界のSFファンは男性だと思っていたようです。他にも名作を書いており、ここでも紹介したいと思います。

たったひとつの冴えたやりかた (ハヤカワ文庫SF)

2007年1月31日 (水)

ふたたび「地球の静止する日」

創元SF文庫

SF映画原作傑作選

「地球の静止する日」より

「主人への告別」
(「地球の静止する日」原作)

作 ハリイ・ベイツ

2006年3月

発行 東京創元社
SF映画「地球の静止する日」の原作である「主人への告別」です。
映画と原作小説のストーリーがまったく違うのは驚きです。
これは、小説の解説によれば、映画製作会社は、当初、SFを題材にした地球の危機を訴える映画を企画したそうです。その原作に、1940年に発表された「主人への告別」が選ばれ、宇宙人クラートゥとロボットのヌートがワシントンに飛来する部分だけを取り出し、映画用に独自のストーリーが展開されたようです。
宇宙人と言えば「地球侵略」というパターンがイメージとして強く感じられます。しかし、この映画も原作の小説も、ストーリーは違っても、宇宙人は侵略者としては描かれていません。それだけに、名作のひとつとして、強い印象を受けます。
ぜひ、映画と小説の両方を鑑賞されることをおすすめします。

2006年9月24日 (日)

ウエルカム・ホーム!

ウエルカム・ホーム!

「ウエルカム・ホーム!」

鷺沢 萠 作

2004年3月 新潮社

2006年9月 新潮文庫

 鷺沢 萠さんは、私が大好きな作家のひとりです。

 この「ウエルカム・ホーム!」は、本当の家族のあり方というものを考える上で、とても素晴らしい作品だと思います。重く考えがちなテーマを明るいタッチで表現するのは、鷺沢さんの得意な、そして特徴的な文体・分野だと言えるでしょう。いま家族のことで悩んでいたり、考えることが多い方には、絶対におすすめの作品です。

 この作品が単行本として発売されたのが2004年3月。そして同年4月に、鷺沢さんは逝去されました。まったく突然のことで、私は訃報を伝える新聞記事を読んだ時、頭が真っ白になってしまいました。

 今でもその事実を受け入れることができません。他の鷺沢ファンの方々も同じ気持ちではないかと思います。「ちょっと、そこまで…」と、韓国あたりに旅行に行っているような気がします。

 鷺沢 萠さんは、大きな文学賞とは無縁でしたが、私たちにたくさんの愛情を残してくれました。これからも、彼女の作品を読み続けたいと思います。

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック