2015年5月 4日 (月)

憲法を改正しなくても市民が徴兵されることがあることを知るべきだろう

昨日は憲法記念の日。ニュースは毎年同じように護憲派と改憲派の集会を取材していた。

護憲派の主な主張は「戦争放棄」をうたった第9条を核とした平和憲法の維持である。戦後70年間日本が戦争に加わることなく平和な日々を過ごせたのは、「戦争放棄」「国際紛争解決の手段としての軍備を持たない」第9条の存在があるからだ、というものだ。

改憲派の中心的な主張は「現在の憲法は戦後占領軍であったアメリカに押しつけられた」ものであり、「日本人の手で作ったものが本当の憲法だ」というものである。最近、政権政党が作った漫画には「日本人の手で憲法を創らないと戦後は終わらない」と書いてある。

その上で「国際貢献」を名目に、第9条の破棄、つまり自衛隊を正式な軍隊として承認し、世界各地で今も行われている戦争や紛争に参加できるようにするのが目的である。

他国と同じように国連軍に参加したい、というのが本音だろう。

しかし、かなり以前、確か「防衛庁」が「防衛省」に格上げになった時に書いたと思うが、過去の歴史を見る限り、「徴兵制度」は何も憲法を改正することなく実施するのは可能なのである。

徴兵制度は、ある条件(例えば満20歳になった心身健康な男子)を決めて、市民が強制的に軍隊に入ることである。当然、その時に戦争になったら参加しなければならない。

この徴兵制は、国会で審議する法律ではなく、閣議で「やりましょう」と決定した後、防衛省の「省令」によって発動する。つまり政権政党が勝手に発動することが可能なのである。

信じられないかもしれないが、過去の歴史を調べてみればわかる。

ただ、さすがに軍隊として認知されていない自衛隊に「徴自衛官」という制度は馴染まないかもしれないが、権力者がやろうと思えばできるものなのだ。

テレビの街頭インタビューで小さな赤ちゃんを抱いた若い母親が「国際貢献するために改憲は必要」と笑顔で答えるのを見てぞっとしてしまった。その前の別の母親は「この子が軍隊に入って人を殺すことをしてほしくない。改憲する人は自分は戦争に行かないから何でもできるのでは」と言っていたことと真逆だったことにショックだった。

憲法は制定されてから長い時を経て、確かに不備なところはあるだろう。したがってすべての条文を改正しない、新たな条項を加えない、というのはどうかと思う。

しかし、
第9条の放棄は人間の良心の放棄だと思う。

そこに日本人もアメリカ人もない。生命を持った人間の良心は人種も肌の色も関係ない。

どこの国が日本に侵略にやってくるのかわからないが、本気で戦力を整えるのであれば、「徴兵制度」「核戦力の配備」は必然である。
今の政権政党がそれをやろうとしていると思うことは考え過ぎであろうか。

2015年4月30日 (木)

もしかすると「あと何年生きられるか」と考えるから苦しいのであって「いつでもいいよ」と思うことが大切なのではないか

56歳になって思うこと。

定年まで、あと10年…

平均寿命まで、あと24年?……

心臓がもつのは、あと○年?………………

そんなことばかり考えているから自分で自分を苦しめているような気がしました。
今日の午後、特別支援学校の喫茶室(就労を目指す生徒さん方が運営しています)にいる時に強いめまいに襲われました。
幸いにも椅子に座っていたので周りの方には気づかれず、しばらくじっと目を閉じていたらだいぶ治まり、ゆっくりと歩いて相談室へ戻りました。

たったこんなことですが、私には「死」を予感する一瞬でした。

その後、午後の相談業務を続け、高校生の生徒さんと話をする中で、ひとつの結論がじわじわと私の中に思い浮かびました。

人間、いつかは死ぬけど、いつ、どこで、というのは誰もわからないこと。悪人でも善人でもそれは変わらないこと。

だったら、「あと何年生きられるか?」などと考えず
「今やれることをやって、いつでもその日が来てもOKだよ」
と決めた方が楽なのではないだろうかと?…

実際、そうして「生きます」
はい、今日はここまで。

人様からの評価はまず素直に受け取って自分の中で検証してみることが大切だとわかって来た

最近、ある人から
「あなたは学者だ」
と言われました。

「現場ではもっと上から降りて来なければ、誰もついて来ない」
とも言われました。続けて…

もちろん私は教育学者でも心理学者でもありませんが、日頃からの私の態度がそのように見えたのでしょう。
酒の席でしたが、ちょっと複雑な気持ちになり、しばらく黙って考えました。

どうやら、この「黙っている態度」が「偉そうにしている」「何を考えているのかわからない」というように人様からは見えるようです。

今の私でしたら凹んでしまうか、血の気が多い若い頃でしたら激高してしまったかもしれません。

しかし、後になって自分自身を見つめなおすきっかけになったように思います。
私自身は周りの方々を見下したり、批判しているつもりはなかったのですが、割と黙って考え込んでしまうことが多いので、「偉そうな態度」に映ったのです。

今、私は今後の仕事のことで大きな岐路に立ち、これからの10年をどうしていくのか日々思案しています。だからこそ、その人が言ってくれたことは、とても大きなアドバイスになったと心から感謝しています。

ここまで生きていて、「やっぱり組織の中だったり、リーダーになるのは自分に合っていないんだなぁ」と思うなんて、なんて私はメデタイ人間なんでしょう。

はい、今日はここまで。

2015年4月29日 (水)

世の中には確実というものが絶対的に存在しない以上どれだけ勇気を持てるかが試されているかもしれない

先日の書き込みで間違いがありました。

心理士の仕事量>心理士の数

これは大間違いですね。
これだったら私は迷うことなく心理士の仕事をどんどんやります。

実際は、

心理士の仕事量<心理士の数

が現実の姿として正しいのです。
心理士はここでも何度も書いていますが、国家資格ではありません。したがって、いろいろな団体が認定している心理士資格がたくさんあります。

臨床心理士 (…一番有名ですね)
臨床発達心理士
学校心理士
特別支援教育士  等々………

私は臨床発達心理士の資格を持ち、特別支援学校などで仕事をしています。
しかし、資格を持ちながら学校関係の仕事がなかなか見つからない方が圧倒的に多いのが現状です。私は実力があって仕事をいただいたのではなく、たまたまラッキーだったと言えなくもありません。
(それも一年間の単年度契約で、もちろん非常勤の時間給です)

現実には、心理士同士で仕事の奪い合いもあるわけです。

国家資格化になれば、待遇が変わり、正規職員としての心理士がもっとたくさん増えるので、現状のような混沌とした流れは変わるかもしれません。

しかし、そもそも、国家資格になれば、私も国家試験を受けなければなりません。合格する保障は何もないのです。

このような先が見えない霧のかかったような大海に出航すべきかどうか…
いま、とても迷い、考えています。

2015年4月27日 (月)

ヤリのように突き刺さる言葉を言う人は鎧で自分の身をかためている

最近(でもないけど)、人様が発する言葉が気になります。
いつ、どこで、ということになると、それはちょっと言えないことなので…

人が何気なく言ったひと言が、槍のように自分の心に突き刺さる経験をされた方は多いのではないでしょうか。

明らかに攻撃的な意図を持って言葉を発する方もいますが、それも実は「攻撃するつもりはなかったけど発作的に言ってしまった」という場合が多いのではないかと思います。
言った瞬間に「しまった」と思う方も多いでしょう。私もよくやってしまいます。
後先よく考えずに言ってしまったことが、大げさに言えば生き様を変えてしまうこともあるでしょう。

(すごーく古い話ですが、故吉田茂首相が国会の答弁で「バカヤロー」と言ったことが衆議院解散につながってしまったエピソードは有名です)

私は基本的に性善説信仰者なので、キツイ言葉を言う人もそれなりに理由があってのこと。受け止める側がいかにして避けるか、逃げるか、を考えることがより良い解決法だと思っています。

しかし、槍のように突き刺さる言葉を言う人は、攻撃しているのではなく、防御しているのではないでしょうか。
「攻撃は最大の防御」
鎧を着て身を固めている人ほど哀しい、と感じることがあります。

はい、遅くなったので、今日はここまで。

2015年4月26日 (日)

好きなことで仕事がしたいなぁ…

ほぼ、9か月ぶりの書き込みとなります。
この間もいろいろとありまして…
現在は自宅から近いところの施設で働いています。
中身は、もうちょっとしてからでないと、公表できませんね(笑)

今の仕事が嫌い、っていうわけではありません。
ただ、加齢によるもの、身体への負担ということから、
かなりきついのは事実です。

本当は、心理士として独立して働きたい、という希望を持っています。
しかし、心理士が国家資格化になる見通しがまだまだ非常に厳しい中で、心理士の需要が少ないのが現実です。

心理士の仕事量>心理士の数

先日、先輩心理士から言われたことです。
しかも、知能検査を行なうだけの仕事だったら、言語聴覚療法士など、他の国家資格を持つ人でもできるので、要求されるレベルが非常に高い。

だから、日々勉強も欠かせないようにしています。

今日はここまで

2014年7月13日 (日)

公認心理師法案実現を阻むものを考える

昨日は中野サンプラザホールで開催された「公認心理師法案実現のための説明集会」に参加しました。

Ia3

心理士の国家資格化は、「公認心理師」という名称で、議員提出による法案が国会に提出されました。

審議時間が足りなく、法案は継続扱いとなりました。

臨床心理士、特別支援教育士、臨床発達心理士など、すでに多くの地方自治体、医療機関からその資格を認められ、さまざまな現場での活躍する方々がたくさんいます。

そのうちの一人である私も、特別支援学校で教育支援員、心理相談員という立場で関わっています。

しかし、各認定の団体が大きく、関わる人が多ければ、必ずしも一枚岩というわけにはいかず、国家資格化に反対する人たちもいるようです。

「いるようです」と書いたのは、その方々から直接話を聞いたわけではなく、あくまで推測に過ぎないからです。以下に書くことも推測の域をでません。

上記の資格を得るためには(昨日も書きましたが)、必ず最終的には試験、審査があります。

入学試験のための受験料収入が大学にとって経営的に大きな意味を成すことは周知の事実です。同様に、大学の通信教育制度も、経費が少なくて利益が大きい、ということを大学関係者から聞いたことがあります。

これらを「既得権益」と言いますが、今までの制度の上に成り立って来たものが、制度が変わることで既得権益を手放す、あるいは減益になるとなれば、反対する人がいても不思議ではありません。

保育園と幼稚園の統合がなかなか進まないのは、結局のところ、今まで入ってきた利益が減るのではないか、という危惧を持った方々の抵抗があるから、と言っても言い過ぎではないと思います。

心理士の資格統一が新聞記事に載ったのは、私がこの道を目指し始めた25年位前のことです。それからかなりの紆余曲折があったようです.

法案が国会に提出されたからと言って、可決成立が保障された訳ではありません。

法案提出者の議員名簿を見ると、超党派ではありますが、入っていない野党勢力もあります。

何かを変える、ということは非常に難しいことだ、と実感しています。

2014年7月12日 (土)

心理職の国家資格化をめざして

保育園で仕事をする保育士、髪の毛をカットする理容師、弁護士、会計士など、さまざまな国家資格があります。国家資格は国が試験等を行ない認定する公的な資格です。

Ia8

さて、一般にはあまり知られていないことですが、日本では「心理士」という国家資格はひとつもありません。

最も認知度が高いと思われる「臨床心理士」という資格も、民間団体の認定資格に過ぎません。

私が心理の仕事の根拠になっている「臨床発達心理士」も認定組織があり、論文、試験、面接に合格して取得することができました。しかし、国家資格ではありません。

医療や障碍児の療育現場では、医師、看護師、理学療法士、言語聴覚療法士等が活躍していますが、これらの方々はみな国家資格で、医療報酬(診察やリハビリなどが健康保険の対象となるもの)となります。

しかし、心理士は国家資格ではないため、例えば病院などでは「事務員」として採用されているケースや、ほとんどが非常勤扱いになっていたりします。

私は特別支援学校へ心理士として派遣されていますが、待遇は一年契約の時間限定パート職員です。いわゆる嘱託員というもので、交通費の支給もありません。

したがって、傾向的には心理に関する仕事をする人は女性が多くなります。

男性では家族を養えるほど稼げる心理職の方はほんの一握りでしょう。

さて今日は、心理士の国家資格化を目指すための集会に参加しました。

国家資格化の目的は大きく二つあります。

まず、心理職の地位、待遇を上げ、優秀な人材を育てること。

そして、毎年自死する人が表面的だけでも3万人前後いる日本の社会で、医師、看護師、その他の専門職とともに、心理士の役割がますます重要になっている、という社会からの要請。

あらためて、心理の仕事に対する重みを感じる一日となりました。

続きを読む "心理職の国家資格化をめざして" »

2012年1月 8日 (日)

旅立った父 ―さようなら松平康隆さん

報道で知りました。

1972年の夏季オリンピック・ミュンヘン大会でバレーボール男子代表監督の松平康隆さんが昨年12月31日にご逝去されました。

451772_c450

6人制バレーボールとして初めて参戦した1964年の東京大会以来、日本の男子代表チームが金メダルを獲得したのは、このミュンヘン大会だけです。

しかも、ミュンヘン以降、男子代表は世界のレベルからは遠ざかり、メダル獲得どころか出場権を取ることすら厳しい時代が今まで続いています。

私が中学1年生の時でしたから、今の若い人には想像もできないことでしょう。

現在でもバレーボールの主流なスタイルである速攻コンビネーションは松平監督がその基礎を創りました。

新聞報道では多彩な攻撃を松平監督が生み出した、とされていますが、実際には、当時の代表選手が考えたのが正しいと思います。

例えば、「一人時間差攻撃」はセンターで「ミスターバレーボール」とも呼ばれた森田淳吾選手が、「Z攻撃」は大古選手が、「ダブルBクイック」は横田選手が、というところです。

森田選手は当時、世界一速いと言われた、独特のステップから打つドライブサーブも駆使していました。

それぞれの選手が編み出した攻撃パターンですから、現在の選手ではごくまれに「一人時間差」が見られるだけです。

松平監督は選手一人ひとりに工夫させ、活躍させる土壌を作るのがうまかったのではないでしょうか。当時は「シゴキ」のような厳しい練習が当たり前でしたが、勝負には厳しい方だったと感じられます。

451756_c450

今でも語られるのは、ミュンヘン大会の準決勝でブルガリアに2セット連取され、そのあと大逆転して勝利したことです。この「ブルガリアの大逆転」は、それまで控えだったベテラン南選手や第二セッターの嶋岡選手を途中から起用して逆転に結びつけた松平監督の采配に尽きると思います。

試合は日本時間では真夜中で、眠い目をこすりながらテレビで観戦していたことを覚えています。

選手でも世界のセッター猫田選手など、すでに他界している方もいます。

またひとつの時代が終わりました。ご冥福をお祈りします。合掌。

2011年5月 4日 (水)

菅野美穂「インド ヨガ」

菅野美穂 インド ヨガ

インド ヨガ 聖地への旅

美しくなる16のポーズ

菅野美穂 インドヨガ◇インドヨガ 聖地への旅◇美しくなる16のポーズ [DVD]

61km2ms7yzl

―いつからカンちゃんのファンになったのですか?

えー、ずっと前からです。

―その割にはテレビ観ていませんよね?

あー、けっこう忙しいので… それと、ドラマを1時間観るのも辛いということもあります…

51u2vvlqsdl

―また、いつもの「一目ぼれ」じゃないのですか?

いえいえ、前々からずっと気になっていました。20代の頃より今の方がきれいですね。

―あんまりカッコつけないで、そろそろこのDVDを紹介してください。

まぁ、その、全編、彼女の美しさがよく表現されていますよね。なんか、こう、芸能人らしくない、初々しさというか… まぁ、ヨガの教則ではなくて、ヨガの聖地をもとめて菅野美穂さんがインドを旅した映像と観るのがいいと思います。インド、行ってみたくなりますね。

菅野美穂さんは旅が好きなので、海外にも行かれていると聞いています。あんまり褒めると…

―しっかり、エロエロ大魔神になっていますよ!

61hqphflwl

菅野美穂 インドヨガ◇インドヨガ 聖地への旅◇美しくなる16のポーズ [DVD]

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック