2011年5月 7日 (土)

和久洋三先生の積木の魅力

―積木で大きな物を創るって、すごいですね。

そうなんです。過去、積木というのは、箱に入った十数個の木製立体というイメージでした。

―お誕生祝いなどにも贈られていましたね。

はい。それでも、レゴブロックのように、比較的安価で、色が着いていて、バリエーションが豊富なものがおもちゃ市場で圧倒的になってしまいます。

―デパートのおもちゃ売り場などでは、白木の積木は隅に追いやられていますね。

一般的な積木は統一性と互換性が無いのです。

―トウイツセイ? ゴカンセイ?

下の写真を見てください。

0009

―いろいろな積木やブロックやビーズみたいなものが組み合わせてありますね。

和久先生が創った積木は、一辺が45mmの立方体が基準になっています。直方体は、45mm、90mm、22.5mmです。

ですから、どのように組み合わせても…

―ぴったり組み合わせることができるのですね。

そうです。とてもわかりやすい原則ですね。

他の積木は基準が無いので、いろいろなものを作りにくいのです。

積木はブロックと違って、バランスがうまく取れないとすぐに壊れてしまいます。ですから、大きさにおいて統一性があると、うまく創りやすいのです。

―でも、どうして45mmなのですか?

それは、次回にお話しましょう。

―ずる~い!

(なんか、雰囲気変わってきた…?)

0007

童具館(外部サイト)

2011年5月 6日 (金)

和久先生と子どもの日イベント2

―なかなかおもしろそうですね。

そうでしょう! 積木に集中する子どもの姿は圧巻です。

―でも、積木は小学生の子どもには物足りない気もしますね。

そんなことありせんよ。下の写真は、午前中の小学生クラスの子どもたちです。クムンダという童具を使っていますね。

0006

―クムンダ? それと道具?

道具ではなく、童具です。和久先生は自ら創作されたおもちゃを「童具」と名づけています。

それから、クムンダは車輪がついた積木をレールのような積木を組み合わせて走らせるものです。

―小学生になると、かなりダイナミックな構成になって来ますね。

より高く、より大きいものを創りたい、という欲求が出て来ますからね。幼児にも同じ欲求はありますが、手先の器用さや背の高さなど、限界があります。

また、積木はブロックと違ってバランスが悪いと崩れてしまいます。これが子ども自身が学ぶことであり、難しい課題でもあるのです。でも、子どもはそれに挑戦します。それがこのような形となって表現されるのです。

―指導もないから、小学生でも夢中になれるのですね。

そうです。教え込まず、自分で考えるのです。

下の写真は、午後の小学生クラスです。ほとんど同じメンバーですが、創るものに違いがあるのがわかりますか?

0010

―ああ、すごい! ぜんぜん違うものを創っていますね。

午前中よりも、さらに集中して創っていることがわかります。

0011

―何だか、私もやってみたくなって来ました。恥ずかしい…

そんなことありませんよ。和久先生の積木は、大人が遊んでも夢中になります。

―私のこと、大人だと認めてくれるのですか?

…………(話題が違うと思うのですが…)

和久洋三先生の「童具館」(外部サイト)

2011年5月 5日 (木)

和久洋三先生とこどもの日イベント

―今日はこどもの日だというのに、お孫さんをほっぽらかして、どこへ行っていたのですか?

川崎駅前のミューザ川崎で開かれた、和久洋三先生のイベントに行って来ました。

0008

―どんなイベントでしたか? 昼間から飲み会?

いくら私と和久先生との仲とは言え、朝から飲んだりしませんよ。

まず午前中は和久先生の講演会でした。

0001

創造共育について、再度認識を深める場となりました。

―「創造共育」って、何か特別なメソッドなのですか?

和久先生が提唱されているのは、積木とか、絵画・造形などの活動ですが、何も特別なことではありません。もちろん、和久先生が開発した積木は「調和と秩序」が保たれたものですが、何も、特殊な教具とか、そういうものではありません。

もちろん、並みの人では創れませんが…

0004

―では、実際にはどのようなことをするのですか?

上の写真は、講演会と並行して行われた、幼児クラスの積木遊びですね。原則して、子どもには「こう作るんだよ」とか「このようにしなさい」などという指示は一切与えません。うまくできない子にはヒントを与えることもありますが、何か到達目標があるわけではありません。

子どもが自分で考え、自分で創り出すことが「創造共育」なのです。

(つづく)

和久洋三先生の「童具館」(外部サイト)

2010年12月31日 (金)

おもちゃ



お孫ちゃんが、クリスマスプレゼントでサンタさんからもらったおもちゃです。

トミカの「スーパーオートトミカビル」という名前です。パーキングですが、電動で最上階に上がったトミカが下までクルクルと降りて、また上まで上がるという繰り返しです。

子どもの心をガッチリつかんでいるおもちゃと言えそうです。電動で動くものに小さい子どもは弱いですね。もう虜という感じです。

おもちゃ

ただ、孫の遊んでいる様子を見ていると、興味深いことに気がつきます。

電動でエレベーターが動いている時は、自動で動きまわるトミカに目が釘付けです。ほとんど手を出すことはありません。ちょうど上の写真がその時の様子です。完全に見ているだけ、「受け身」の状態ですね。

ところが、スイッチがoffの時は、当然といえばそうかもしれませんが、トミカを自分の手で動かして、駐車スペースに停めたり、下り坂を動かしたりしています。おもちゃに対して働きかけているようです。

おもちゃ

これは、孫が誰に教えられたわけでもなく、積木で作った「トラック」です。

トミカに混じってこんなものも作って遊んでいます。

おもちゃ

結局、トミカのパーキングは「遊ばされている」という感じがあり、孫もあまり長くはかかわっていません。積木の方もそれほど熱中している、というわけではありませんが、トンネルを作ってトミカを通したり、橋を造って、その上を走らせたりしています。

いろいろなおもちゃを組み合わせて遊んでいる子どもって、すごいなぁと思います。

2010年12月 6日 (月)

家族支援プロジェクト

家族支援プロジェクト
島田療育センターを訪問しました。

センターが主催する家族支援プロジェクトのお手伝いをさせていただきました。

療育センターは、ハンディを持ったお子さんの医療・療育(言語療法、作業療法、理学療法など)を行なうことが主な目的ですが、子どもを取り巻く家族の支援については、近年やっと世間でも重視されるようになりました。

昨日は二部構成で、最初は「お父さんの体験談講演会」、第二部は「交流会」でした。

私は二部でお父さんグループの進行を務めさせていただきました。

体験談を講演されたお父さんお二人が入っていただきました。他のお父さん方からの質問、悩みや不安などを話していただき、講演者のお父さんに答えていただく形で交流会は進みました。

開会前は、どのようなお父さん方が来られるのか一抹の不安がありました。

それは、一般的な傾向として、お子さんの問題に正面から向かい合わない、ハンディを否定するお父さんが多い印象があるからです。お母さんは日常的にお子さんのことを見ているので成長の偏りなどには敏感に感じるものです。

しかし、お父さんは普段からお子さんに接する機会が少ないことと、「うちの子に限って…」という意識が強い傾向にあります。「私も自分が子どもの時はこの子と同じようでした」という言葉を今まで何十回も聴きました。専門家や保育士の間では、いかにお父さんにお子さんの状況を理解していただくかが、最大の課題である場合も少なくありません。

ところが、昨日お会いした十数名のお父さん方は、どの方もお子さんの課題にしっかりと向き合おうという姿勢が強くはっきりと見えました。

日本もまだまだすてたものではありません!

(つづく)

2010年1月 8日 (金)

「さぁ おでかけ」

さぁ おでかけ

「さぁ おでかけだ」

作 やまだ うたこ

またまた、くまちゃんの絵本です。

おでかけするのに、パンツをはいて… から始まる、子どもにとっては壮大なドラマの始まりです。

子どもが日々の生活の中で体験する、「着がえ」と「おでかけ」がセットになって、ページをめくるたびに、わくわくしてしまいます。

小さいお子さんがいるお父さん、お母さん、おでかけしていますか?

寒い冬でも、子どもはおでかけが大好きです。保育園がお休みの日は、みんなでおでかけしましょう! 

もちろん、近所の公園で十分です。おそとは子どもの天国ですから。

2010年1月 7日 (木)

「おいしいよ」

おいしいよ

「おいしいよ」

作 やまだ うたこ

またまた、やまだうたこさんの絵本を見つけてしまいました。

一応「赤ちゃん絵本」ですが、2歳くらいの子が見ても、全然楽しい絵本です。

ごくごく、身近な「おいしい食べ物」が出て来ます。本当に食べたくなってしまいます。

お子さんと一緒に読み聞かせをする時は、食べるまねをしながら、楽しんでみることを忘れないでくださいね。

2009年11月21日 (土)

ドナルド・マクドナルド・ハウス

ドナルド・マクドナルド・ハウス

国立成育医療センター、成育しせい保育園の隣にある、ドナルド・マクドナルド・ハウスです。

ここは、病気で入院する子どもとつきそいの保護者が一緒に宿泊できる施設です。遠方から来て、幼い子どもだけの入院は確かにかわいそうです。

このような施設があると、親は本当に助かりますね。

↓財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン↓

http://www.dmhcj.or.jp/index.html

海外では、企業が社会貢献をすることがステータスのひとつになっているようです。日本でもソニーが出資して、社員ボランティアが障害児をディズニーランドへ連れていくようなイベントをやっていると以前に聴いたことがあります。

不況で事業の縮小が言われていますが、今でもやっているのでしょうか?

2009年9月22日 (火)

CBCを立ち上げます!!

このたび、CBCという組織を立ち上げました。

CBCは、Child and family Base Camp の略です。

インターネットのツールを最大限利用して、子育て支援、親・家族支援、そして保育士や専門家の支援を行っていきたいと考えています。

詳しくは、「こころのもり」をご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/kokoronomori/

また、ブログ「えほんかいじゅうのうちゅう 100万光年の心の旅」では、CBCに対する私の決意や思いを記事にしています。こちらもご覧いただければ幸いです。

http://kokoronomori100.blog105.fc2.com/

多くの方々に参加していただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

2009年9月12日 (土)

「ベストキンダーガーデン」

Tuzii1

近年、幼児教育に対する社会の関心は、過去にないほどの高まりを示しています。

特に「小1プロブレム」とまで言われた、小学校と幼稚園・保育園の格差の問題は、日本の幼児教育の根幹を揺るがすほどの意味を持っています。

しかし、現実には子ども本位に、子どもの成長や発達を考えているのは保育園側の方である場合が多いと感じます。

だからと言って、私たち幼児教育の関係者は既存のシステムにあぐらをかくのではなく、子どもにとってさらに良いシステム創りに研鑽しなければなりません。

「ベストキンダーガーデン」には、ニューズウィーク誌で「世界一幸せな子ども」たちとして紹介されたオランダのピラミッドメソッドを始め、モンテッソーリやシュタイナーの幼稚園・保育園が紹介されています。日本では古典になってしまったフレーベルの思想を取り入れたドイツの実践も興味深いものがあります。

この本を読んで感じたことは、どの園でも子どもたちが生き生きとしていること、そして園自体がそれぞれの思想や理念を踏まえてさらに発展しているという点です。いつまでも既存のやり方、指導の仕方では子どもはついて来ません。そんなことを痛感されられる一冊です。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック