2012年8月14日 (火)

手術後の経過

手術後の経過

今日は病院で検査と診察を受けました。
心電図は異常なし。
レントゲンは肥大していた心臓の大きさが小さくなって来ているのがはっきりとわかりました。
血液検査では、相変わらず尿酸値が高めなものの、ワーファリン投与の状況も良好。

医師の先生からは良すぎるくらい経過は順調と言われました。

1か月後にまた検査があります。

2012年7月 8日 (日)

入院第5日目

入院第5日目
今朝の昼食です。
外は雨が降っていますね。病院の中にいると全然わかりません。
なるべく運動不足にならないようにと思い、4階の病室から1階のファミマまで階段で行き来するようにしています。でも、降りるのは楽ですが、4階まで上るのは結構たいへんです。それだけ体力が落ちているのかもしれません。
今朝、体重を測ったら79.05kgでした。入院した4日前から1.5kg減ったことになります。
間食も甘いものも一切食べていませんからね。
健康的と捉えましょう。

2012年7月 7日 (土)

入院第4日目/その3

入院第4日目/その3
今夜の夕食です。

今年初めてスイカを食べました!

夕方、主治医の先生から、心配はないとは思うが腎臓の中に異常がみられるので月曜日に超音波で検査します、と言われました。

それが心配なんですよね。

検査って、いろいろなものが見えて来るのでしょうけど、見え過ぎちゃっているような気もします。
もう、ここまで来たら、何も怖くありませんが、不安が増して来たのは確かですね。

入院第4日目/その2

入院第4日目/その2

今日の昼食です。

入院第4日目/その2

そういえば、今日は七夕ですね。
ちょっとした気遣いがうれしいですね。

午前中に、今回二回目の自己血採血を行ないました。

その前に、動脈血を採取するということで、右足のつけ根に針を刺されました。^_^;

さらにその前にも、左腕からも採血されました。(-_-;)

自己血採血後は点滴をするので時間はとてもかかりますが、終わった後は特にふらつくこともなく、すぐに昼食を食べ、その後シャワーを浴びました。
シャワーは2日に一回は入れますが、次回は手術前日の火曜日になります。

入院第4日目

入院第4日目
今朝の朝食です。

病院の夜というのは、意外といろいろな音が聴こえてきます。
看護師さんが歩く靴音、カートの金属音、ナースコール、そして患者さんの咳、いびき、たわ言、おなら…
結構、騒がしいものです。
私もいびきをかきますが、やはり他人の物音は気になるものです。
昨日、病院内のファミマで耳栓を買いました。完全に音を遮断できるものではありませんが、一昨日よりはよく眠れました。

2012年7月 6日 (金)

入院第3日目/その3

入院第3日目/その3
今夜の夕食です。
今夜は地上波でナイターの中継があるので楽しみです。
交流戦前までは最悪の状態だったジャイアンツが、パ・リーグとの試合で一転しました。
10連勝を含む交流戦優勝で、ペナントレースも首位に立っています。

一方、ソフトバンクの方は、昨シーズンからメジャー移籍などで退団ラッシュが続いた影響がここで出てしまった感じがします。がんばってほしいです。

入院第3日目/その2

入院第3日目/その2
今日の昼食です。
朝からの間隔が短いことと、仕事の時のように動き回っていないので、昼食時はあまりお腹が空いていません。
でも、しっかり食べちゃいますね。

午前中の回診で主治医の先生から「ヒルズ・ヘルツだね」と言われました。
心臓や脈の鼓動がとても大きくて、聴診器を使わず、耳を直接胸にあてても聞こえるそうです。
「勉強のため、私も聞いていいですか?」と付添の若い看護師さんが、私の返事を待たずに胸に耳をあてた時は、本当にドキドキしてしまいました。

「わあ、ホントだ! きこえる!」と看護師さんは大喜び…

主治医の先生に言わせると、かなり珍しい「症例」だそうです。

珍しいということは、それだけ生命に危険がある、ということなのでしょうか?

入院初日に聴診器を使って私も胸の音を聴かせてもらいましたが、海岸の波が引いていくようなはっきりとした、ザザーッという音が鼓動とは別にはっきりと聴こえました。これが血液が逆流している音だそうです。

これだけはっきりしていたのに、なぜにして、もっと早く受診する機会がなかったのか…

今となっては過去を悔やんでも仕方ありませんが、体調の変化には気をつけたいものですね。

入院第3日目

入院第3日目
今朝の朝食です。
多くの方が言われることですが、入院生活を送っていると、唯一ではないにしろ、食べることは大きな楽しみですね。普段の生活の時とは違う喜びを噛みしめています。

前回の検査入院でも感じたことですが、同じ階に病室がいつくもあって、何十人という患者さんが入院しています。
しかし、患者用のトイレは1か所しかなく、便器の数も駅のトイレのようにたくさんはありません。今入院しているところも、洋式が2つと立ち便器が2つです。
ところが、日々生活を送っている中で、トイレに行くと他の患者さんに出会うことは滅多にありません。
私は利尿剤を飲んでいるので、午前中だけでも3回から4回はトイレに行きます。それでも、他の患者さんにトイレで出会うことはまれです。

よくよく考えてみて、これは想像ですが、トイレを利用できる患者さんが少ないのではないかと思いました。
つまり、病室には高齢の方が多くいらっしゃるので、自力でトイレを使えない方が多いのではないか、ということです。

私も手術後の2日間ほどはICUに入る予定ですから、トイレには行けないでしょう。
ただ、その時の状況を想像することは、気持ちの上でも、できませんね。

2012年7月 5日 (木)

入院第2日目/その3

入院第2日目/その3
今日の夕食です。
カレイがとても美味しかったです。

午後は頭部のCTスキャン検査を受けました。
昨日と同じ検査技師の方が、
「それではCTで頭を輪切りにしちゃいますからねっ!」
って…

まぁ、患者を不安にさせないよう、努めて明るくしているように感じました。

入院第2日目/その2

入院第2日目/その2
今日の昼食です。
入院して初めてのパン食です。ビーフシチューがとても美味しかったです。
午前中は、心臓の超音波検査でした。もちろん、検査技師の方は診断めいたことは決していいません。でも私もちらりと画像を見てみると、心臓の動きや弁の動きがとてもリアルに映っていました。どこが悪いのかはよくわかりませんでしたが…
午後も別の検査があります。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック