« 2015年5月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月31日 (木)

2015年を振り返って

2016年もあと12時間ほどで終わります。
このブログも、久々の書き込みですが、とりあえず、この一年を振り返ってみようと思います。
今年は、運営を民間に委託される児童保育施設の施設長として、年頭から引き継ぎ、準備、そして運営の開始として慌ただしく働き続けました。

しかし、実際にはさまざまな問題が発生し、それを解決できない責任を取って、秋には施設長を退任しました。

理由はいろいろありましたが、大きな理由のひとつは私の健康問題でした。

体力の低下、慢性的な疲労は今でも続いています。
子どもたちと一緒に走り回ったりすることができない―これは致命的な欠陥です。
子どもたちは一緒に遊んでくれる大人の傍に来るものです。
一緒に働いて来た若い職員の方々にも大変迷惑をかけてしまいました。

加齢と心臓手術の予後を考えると、自分の立ち位置をあらためて実感し、考える機会を与えていただきました。
これからは、自分にできる身の丈に合った仕事を選び、やれる範囲でやるしかないと考えています。

また、臨床発達心理士の仕事では、大きなニュースがありました。
乱立する心理系の資格を統合する、「公認心理士」の法案が国会を通過し、国家資格として2017年には最初の資格認定試験が行われる見通しです。

年齢的なことを考えればこれから資格試験の勉強をすることは結構きついことではありますが、私にとっては新たな目標ができた、と思っています。

国家資格を取得して、さらに上を目指していきます。
また、来年度から東京都では「特別支援教室」という新しい事業がスタートします。そこに心理士の仕事が生まれ、これにも積極的に関わりたいと希望しています。

今年は、大きな転機を迎えたと思っています。
そして来年は新たなるスタートです。
このブログも再開し、ホームページもリニューアルしました!
過去に囚われず、明日を見て、前進したいと思います。

新年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
皆さまにとって幸せな一年になることをお祈りいたします。

« 2015年5月 | トップページ | 2016年1月 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック