« 世の中には確実というものが絶対的に存在しない以上どれだけ勇気を持てるかが試されているかもしれない | トップページ | もしかすると「あと何年生きられるか」と考えるから苦しいのであって「いつでもいいよ」と思うことが大切なのではないか »

2015年4月30日 (木)

人様からの評価はまず素直に受け取って自分の中で検証してみることが大切だとわかって来た

最近、ある人から
「あなたは学者だ」
と言われました。

「現場ではもっと上から降りて来なければ、誰もついて来ない」
とも言われました。続けて…

もちろん私は教育学者でも心理学者でもありませんが、日頃からの私の態度がそのように見えたのでしょう。
酒の席でしたが、ちょっと複雑な気持ちになり、しばらく黙って考えました。

どうやら、この「黙っている態度」が「偉そうにしている」「何を考えているのかわからない」というように人様からは見えるようです。

今の私でしたら凹んでしまうか、血の気が多い若い頃でしたら激高してしまったかもしれません。

しかし、後になって自分自身を見つめなおすきっかけになったように思います。
私自身は周りの方々を見下したり、批判しているつもりはなかったのですが、割と黙って考え込んでしまうことが多いので、「偉そうな態度」に映ったのです。

今、私は今後の仕事のことで大きな岐路に立ち、これからの10年をどうしていくのか日々思案しています。だからこそ、その人が言ってくれたことは、とても大きなアドバイスになったと心から感謝しています。

ここまで生きていて、「やっぱり組織の中だったり、リーダーになるのは自分に合っていないんだなぁ」と思うなんて、なんて私はメデタイ人間なんでしょう。

はい、今日はここまで。

« 世の中には確実というものが絶対的に存在しない以上どれだけ勇気を持てるかが試されているかもしれない | トップページ | もしかすると「あと何年生きられるか」と考えるから苦しいのであって「いつでもいいよ」と思うことが大切なのではないか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

心理学>いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世の中には確実というものが絶対的に存在しない以上どれだけ勇気を持てるかが試されているかもしれない | トップページ | もしかすると「あと何年生きられるか」と考えるから苦しいのであって「いつでもいいよ」と思うことが大切なのではないか »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック