« ヤリのように突き刺さる言葉を言う人は鎧で自分の身をかためている | トップページ | 人様からの評価はまず素直に受け取って自分の中で検証してみることが大切だとわかって来た »

2015年4月29日 (水)

世の中には確実というものが絶対的に存在しない以上どれだけ勇気を持てるかが試されているかもしれない

先日の書き込みで間違いがありました。

心理士の仕事量>心理士の数

これは大間違いですね。
これだったら私は迷うことなく心理士の仕事をどんどんやります。

実際は、

心理士の仕事量<心理士の数

が現実の姿として正しいのです。
心理士はここでも何度も書いていますが、国家資格ではありません。したがって、いろいろな団体が認定している心理士資格がたくさんあります。

臨床心理士 (…一番有名ですね)
臨床発達心理士
学校心理士
特別支援教育士  等々………

私は臨床発達心理士の資格を持ち、特別支援学校などで仕事をしています。
しかし、資格を持ちながら学校関係の仕事がなかなか見つからない方が圧倒的に多いのが現状です。私は実力があって仕事をいただいたのではなく、たまたまラッキーだったと言えなくもありません。
(それも一年間の単年度契約で、もちろん非常勤の時間給です)

現実には、心理士同士で仕事の奪い合いもあるわけです。

国家資格化になれば、待遇が変わり、正規職員としての心理士がもっとたくさん増えるので、現状のような混沌とした流れは変わるかもしれません。

しかし、そもそも、国家資格になれば、私も国家試験を受けなければなりません。合格する保障は何もないのです。

このような先が見えない霧のかかったような大海に出航すべきかどうか…
いま、とても迷い、考えています。

« ヤリのように突き刺さる言葉を言う人は鎧で自分の身をかためている | トップページ | 人様からの評価はまず素直に受け取って自分の中で検証してみることが大切だとわかって来た »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

心理学>いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤリのように突き刺さる言葉を言う人は鎧で自分の身をかためている | トップページ | 人様からの評価はまず素直に受け取って自分の中で検証してみることが大切だとわかって来た »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック