« 好きなことで仕事がしたいなぁ… | トップページ | 世の中には確実というものが絶対的に存在しない以上どれだけ勇気を持てるかが試されているかもしれない »

2015年4月27日 (月)

ヤリのように突き刺さる言葉を言う人は鎧で自分の身をかためている

最近(でもないけど)、人様が発する言葉が気になります。
いつ、どこで、ということになると、それはちょっと言えないことなので…

人が何気なく言ったひと言が、槍のように自分の心に突き刺さる経験をされた方は多いのではないでしょうか。

明らかに攻撃的な意図を持って言葉を発する方もいますが、それも実は「攻撃するつもりはなかったけど発作的に言ってしまった」という場合が多いのではないかと思います。
言った瞬間に「しまった」と思う方も多いでしょう。私もよくやってしまいます。
後先よく考えずに言ってしまったことが、大げさに言えば生き様を変えてしまうこともあるでしょう。

(すごーく古い話ですが、故吉田茂首相が国会の答弁で「バカヤロー」と言ったことが衆議院解散につながってしまったエピソードは有名です)

私は基本的に性善説信仰者なので、キツイ言葉を言う人もそれなりに理由があってのこと。受け止める側がいかにして避けるか、逃げるか、を考えることがより良い解決法だと思っています。

しかし、槍のように突き刺さる言葉を言う人は、攻撃しているのではなく、防御しているのではないでしょうか。
「攻撃は最大の防御」
鎧を着て身を固めている人ほど哀しい、と感じることがあります。

はい、遅くなったので、今日はここまで。

« 好きなことで仕事がしたいなぁ… | トップページ | 世の中には確実というものが絶対的に存在しない以上どれだけ勇気を持てるかが試されているかもしれない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

心理学>いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 好きなことで仕事がしたいなぁ… | トップページ | 世の中には確実というものが絶対的に存在しない以上どれだけ勇気を持てるかが試されているかもしれない »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック