« 蝉の誕生/その2 | トップページ | 広島原爆祈念の日 »

2012年8月 3日 (金)

女子バレーボール いよいよ対ロシア戦

先日のドミニカ戦では、のびのびと日本のバレーができた。

相手がどこであろうと、自分たちのバレーをやる。

強豪国の意気込みである。日本代表も、ドミニカ戦ではその通りになったと思う。

それは第3セット、点数が追いつかれても、結局相手のドリブル失点でゲームセットになったことが象徴している。
自分たちがしっかりとやっていれば、相手のミスを呼び込める、ということなのではないか。

さらに、ポイントはセンター戦。
ここは日本代表の生命線だ。
井上香織、山本愛の活躍は大きい。
センターの速い攻撃が決まれば、オープンサイドの攻撃も通用する。相手のブロックをほんろうさせることができるからだ。
そして、最後は木村沙織が決める。
これが日本のバレーだ。

かつて男子バレー代表の攻撃に「L特急」というものがあった。当時の特急電車の名前を取ったものだが、Bクイックの長いトスを打つ攻撃だった。
オープンサイドからの攻撃だが、トスは平行の速いものだ。タイミングが難しいが、日本らしい攻撃だと思っていた。

脇道にそれてしまったが、今日はいよいよ予選リーグの天王山、ロシア戦である。

相手はかなり研究してきているだろう。
センターからの攻撃もしっかりマークしてくるものと思われる。

しかし、日本代表も、ロンドン・オリンピックではレシーブが見違えるうように素晴らしい。

白熱した試合を期待したい。

« 蝉の誕生/その2 | トップページ | 広島原爆祈念の日 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

バレーボール」カテゴリの記事

オリンピック」カテゴリの記事

コメント


バレーボールもそうですが
オリンピック
本当に見いってしまいますよね!!

どんな精神力なんやろうなぁ

想像なんてつかんくらい
どれだけいっぱいの努力を重ねてきたんやろう

とか思うと
もう言葉になりません。

同じ時代に生まれて
あの試合や演技を見られて
なんてなんて幸運なんだろう!
(=´∀`)人(´∀`=)
と思います!

今から卓球ダブルスです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女子バレーボール いよいよ対ロシア戦:

« 蝉の誕生/その2 | トップページ | 広島原爆祈念の日 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック