« 広島原爆祈念の日 | トップページ | ロンドンオリンピック 対中国戦 »

2012年8月 7日 (火)

原発は必要悪なのか?

原発の問題と、日本の経済の浮き沈みを同列にあつかって論じる方がいます。

つまり、原発を撤廃あるいは少なくすると、電力事情が悪くなり、経済の停滞・沈滞化を招くという論理です。

一見して当然のように思えますが、何の説得力もありません。

天変地異の多い日本列島に壊れやすい原発を作り、ひとたび原子炉が壊れれば経済の沈滞どころか、死の放射線をまきちらし、人類絶滅をまねいてしまいます。

原発が地震に弱いことは、昨年の震災で証明されています。

遠い未来には原子力を制御できるであろう、という先送り精神、何の見込みもない見切り発車で原発は動いているのです。

Img_952571_23409322_0


たとえば、使用済み核燃料の処理施設が稼働していなかったり、処理後の核のゴミをどのように処分するのか決まっていなかったりしている現状こそ、経済の名のもとに、問題を子どもたち未来に丸投げしているのです。

明るい未来が約束されているからこそ、経済の見通しも好転する可能性が高くなるのではないでしょうか。

原発は現在の科学では制御できないのです。今まで何千億円使ったかわかりませんが、私たち人類は早すぎることをしてしまったのです。そのことを素直に考えましょう。

« 広島原爆祈念の日 | トップページ | ロンドンオリンピック 対中国戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

心理学>社会問題」カテゴリの記事

平和と平等」カテゴリの記事

過去と未来の歴史」カテゴリの記事

子どものいのち・人のいのち」カテゴリの記事

コメント


震災以降の反・脱原発運動の流れを見ていて、原発によって経済的恩恵を受ける一部の人間のために日本中の人や環境がリスクを負わなければならないというのはあまりにも理不尽だと感じるようになりました。先日知人と「日本では本物のロックが生まれない。それは“怒り”がないからだ」という話をしたのですが、こういう時こそ一人ひとりが明確な意志や感情を持つべきなのではないかと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発は必要悪なのか?:

« 広島原爆祈念の日 | トップページ | ロンドンオリンピック 対中国戦 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック